2015年12月22日火曜日

【書籍】 M・L・ステッドマン 『海を照らす光』 早川書房 2015.1


☆ふむ。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.3.8 日経新聞
  『本の雑誌 2015.8号』 (2015年上半期エンタメ・ベスト10)No.4
  『本の雑誌 2015.4号』 (北上次郎)
■ 所 在
  7F933ス

【書籍】 カール・オーヴェ・クナウスゴール 『わが闘争 父の死』 早川書房 2015.9


☆うーん。自伝的暴露小説?
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.11-)』 2015.11.15 日経新聞
  『新聞書評(2015.9-)』 2015.10.25 広告
■ 所 在
  県立 7F943ク 市立949ク

【書籍】 クライブ・カッスラー 『マヤの古代都市を探せ!』(上下) 扶桑社 2015.10


☆うーん。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  7FB933カ

【書籍】 松岡圭祐 『ジェームズ・ボンドは来ない』 角川書店 2014.3


☆?
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.11-)』 2015.12.6 広告
■ 所 在
  県立 7Fマツ 市立マツ

【書籍】 らせんゆみ 『私はかんもくガール』 合同出版 2015.2


副題:しゃべりたいのにしゃべらない 場面緘黙症のなんかおかしな日常
☆いまや、何でも病名がつくんだな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.11-)』 2015.11.8 読売新聞(2015 この3冊)15.加藤陽子
■ 所 在
  市立37ラ

【書籍】 大沢在昌 『海と月の迷路』 毎日新聞社 2013.9


☆警察物語。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立 7Fオオ 市立オオ

【書籍】 陳潤 『シャオミ 世界最速1兆円IT企業の戦略』 Discover21 2015.7


☆ほー。中国もすごい企業が出てきているな。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  市立00チ

【書籍】 石田勇治 『ヒトラーとナチ・ドイツ』 講談社現代新書 2015.6


☆ヒトラーの台頭と授権法の成立、その後
・国会の承認なしに、法律制定・予算執行を可能する授権法。過半数を得ていないドイツ大統領は、臨時大統領令でしのいでいたが、違憲の可能性が、是正すべく、ヒトラーの前から度々提出されていたという。
(著作)過去の克服-ヒトラー後のドイツ(新装版)県立 市民 大学
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015年総括)』毎日新聞(2015 この3冊)15.加藤陽子
■ 所 在
  7FS234.0イ

2015年12月21日月曜日

【書籍】 佐々木譲 『鉄騎兵、跳んだ』 文藝春秋 1980.8


☆モトクロスライダー選手の話。書けてはいるものの、文章はボツボツしている。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.4号』 (佐々木譲の10冊)No.1
■ 所 在
  県立 9F

【書籍】 酉島伝法 『皆勤の徒』 東京創元社 2013.8


☆言葉で得意な空間を創ろうとしているのはわからるが。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.11号』 (21世紀のSFベスト100) No.1
  『本の雑誌2013ベスト10』 (2013年度SFベスト10)鏡明
  『ベストSF』 (2013年)No.1
■ 所 在
  県立 7Fトリ 市立トリ

【書籍】 藤谷治 『あの日、マーラーが』 朝日新聞出版 2015.8


☆3.11で東京でマーラーの演奏会を聞きに行った人々。ただ、矮小化小説?
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.9-)』 2015.10.11 読売新聞
  『本の雑誌 2015.11号』 (沢田)
■ 所 在
  県立 7Fフシ 市立フジ

【書籍】 最相葉月 『青いバラ』 小学館 2001.5


☆ぱらぱらと見たが、青森県での開発が触れていないような。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『福岡ハカセの本棚』 11 第15番 2012.12
■ 所 在
  県立 7FG627.7サ 市立 大学627.77Sa22

2015年12月17日木曜日

【書籍】 井沢元彦 『猿丸幻視行』(江戸川乱歩賞全集12) 講談社文庫 2001.5


☆昔、読んだかな、でも、記憶ないな。暗号小説だったのか。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがひどい!』 小谷野敦 2015
■ 所 在
  7FB913.6エ6

【書籍】 西村京太郎 『天使の傷痕』(江戸川乱歩賞全集6) 講談社文庫 1999.3


☆人間が描かれているというが、東北人への偏見に満ちた本。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがひどい!』 小谷野敦 2015
  『小谷野敦のカスタマーレビュー 2002-2012』 小谷野敦 2012
■ 所 在
  県立 7FB913.6エ6 7FBニシ

【書籍】 赤川次郎 『ヴァージンロード』 新潮社 1983.4


☆落ち着くところに落ち着く。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがひどい!』 小谷野敦 2015
■ 所 在
  9F 市立

【書籍】 小谷野敦 『このミステリーがひどい!』 飛鳥新社 2015.8


<リスト>
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.8.16 広告
■ 所 在
  県立 7F902.3コ 市立902コ

【書籍】 篠田謙一 『DNAで語る日本人起源論』 岩波現代全書 2015.9


☆国立科学博物館人類研究部長
(前著)日本人になった祖先たち(県立 市立469シ) 1980年代から2005年くらいまでの研究成果
本書:ここ十年ほどの研究の成果
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.11-)』 2015.11.29 日経新聞
■ 所 在
  県立 8F469.9シ 市立469シ

【書籍】 藤尾慎一郎 『弥生時代の歴史』 講談社現代新書  2015.8


☆土器の種類ではなく、社会の文化で時代区分という考え方。(縄文土器を使っていても、米を作っていれば弥生時代)
なるほどと思う。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  7FS210.2フ 市立210.2フ

【書籍】 小熊英二 『生きて帰ってきた男』 岩波新書 2015.6


副題:ある日本兵の戦争と戦後
☆読んでみたものの。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.8.30 朝日 8.16 朝日 7.26 日経 7.5 読売
■ 所 在
  県立 7FS289.1オ 大学1549

【書籍】 ケン・オールダー 『万物の尺度を求めて』 早川書房 2006.3


副題:メートル法を定めた子午線大計測
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『『鹿島茂の書評大全 洋物篇』 1.文化の源流をたどる ヨーロッパ文化史
  『大読書日記』 2006年 鹿島茂 2015
  『私が目覚める、読書案内。』 11-6 2013.5
■ 所在
  県立 市立

2015年12月15日火曜日

【書籍】 ウィリアム・ソウルゼンバーグ 『捕食者なき世界』 文藝春秋 2010.9


☆うーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今週はこれを読め(2014.1-)』 vol.85 2014.6.25
■ 所 在
  県立 8F自然科学468ソ 市立468ソ

【書籍】 アミーア・アレクサンダー 『無限小』 岩波書店 2015.8


副題:世界を変えた数学の危険思想
☆うーん。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立 市立410ア

【書籍】 ブラッド・メルツァー 『偽りの書』(上下) 角川書店 2009.3


☆うーん。
(著作)最高裁調査官、運命の書、好敵手、大統領法律顧問
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立 7F933メ 市立933メ

【書籍】 アルフレッド・ランシング 『エンデュアランス号漂流』 新潮社 1998.10


☆写真があるのがすごいな。
(参考)エンデュアランス号漂流 アーネスト・シャクルトン(県立 市民)、エンデュアランス号大漂流 エリザベス・コーディキメル(県立 市民 市立)、シャクルトンに消された男たち ケリー・テイラー=ルイス(県立 市民)
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『面白い本』 No.98 成毛眞 2013.1
  『本の雑誌 2015.6号』 40年の400冊 No.9、 10.椎名誠の40冊 No.10
■ 所 在
  県立 7FT297.9ラ 7FB297.9ラ 市立

2015年12月10日木曜日

【書籍】 東山彰良 『流』 講談社 2015.5


☆いやー、読ませるな。
(著作) タード・オン・ザ・ラン、逃亡作法
路傍 県立 7F、ブラックライダー 県立 7F 市立
ラブコメの法則 県立 7F 市立、キッド・ザ・ラビット 県立 7F 市立
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.8.9 広告
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.7 毎日新聞
  『本の雑誌 2015.6号』 (円堂都)
■ 所 在
  県立 7Fヒカ 市立ヒカ

【書籍】 米澤穂信 『さよなら妖精』 東京創元社 2004.2


☆ミステリと言われてもな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (米澤穂信)
  『本の雑誌 2015.10号』 (円堂都)
■ 所 在
  県立 7Fヨネ 市立ヨネ

【書籍】 米澤穂信 『王とサーカス』 東京創元社 2015.7


☆うーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.9-)』 2015.10.25 読売新聞
  『本の雑誌 2015.10号』 (円堂都)
■ 所 在
  県立 7Fヨネ 市立ヨネ

【書籍】 山田正紀 『エイダ』 早川書房 1994.8


☆なかなかおもしろい。物語の物語、いわゆる、メタ物語の物語。
■ 書籍情報入手先   ★☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.10号』 (大森)
  『ベストSF』 (1994年)No.1
■ 所 在
  県立 7Fヤマ 市立

【書籍】 今野敏 『イコン』 講談社 1995.10


☆うーん。現代のアイドル論なんて聞きたくもない。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立 7Fコン 市立

【書籍】 奥泉光 『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』 文藝春秋 2011.5

☆うーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.10号』 (奥泉光の10冊)
■ 所 在
  県立 7Fオク 市立オク

【書籍】 佐々木譲 『地層捜査』 文藝春秋 2012.2


☆なかなか読める。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立 7Fササ 市立ササ

2015年11月6日金曜日

【書籍】 佐藤知恵 『ハーバードはなぜ仕事術を教えないのか』 日経BP社 2015.4


☆ごもっとも。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.4.26 広告
■ 所 在
  8F159.4サ

【書籍】 百田尚樹 『永遠の0』 講談社文庫 2009.7


☆それなりにおもしろいテーマだが、ちょっと、軽いな。途中の説明も学生のレポートみたいだし。
<解説>児玉清 『大空のサムライ』 『続・大空のサムライ』
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.28 毎日新聞(昨日読んだ文庫)北原保雄
  『新聞書評(2013.11-)』 2013.12.22 読売新聞(HONライン)百田尚樹
  『ダ・ヴィンチ 2013.4号』 No.29
■ 所 在
  県立 7F日本文学ヒヤ 7FBヒヤ 市立913.6ヒヤ

【書籍】 藤原伊織 『ひまわりの祝祭』 講談社 1997.6

☆H7、『テロリストのパラソル』で江戸川乱歩賞、直木賞
☆いま、ひとつだな。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立 7Fフシ 市立フジ

【書籍】 中川毅 『時を刻む湖』 岩波科学ライブラリー 2015.9


副題:7万枚の地層に挑んだ科学者たち
☆金を集めて、人にやらせる。プロジェクトリーダーだな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.9-)』 2015.10.18 毎日新聞 9.13 広告
■ 所 在
  市立456ナ

【書籍】 いというせいこう 奥泉光 『小説の聖典』 河出文庫 2012.11

副題:漫談で読む文学入門 ☆「文芸漫談」の文庫化 ・奥泉光って、こんな感じの人なのか?! ・それとも、小説での「私」が語っていると受け取るべきなのか。 ■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆   『本の雑誌 2015.10号』 (奥泉光)No.1 ■ 所 在   7FBイ

2015年10月2日金曜日

【書籍】 ローリー・リン・ドラモンド 『あなたに不利な証拠として』 早川書房 2006.2


☆元警官。女性の警官が主人公。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (過去のこのミス1位)
  『ハヤカワ文庫の100冊』 3-k 警察・ハードボイルド 2010.9
  『分厚い本と熱い本』 2006年(書評者が選ぶ「この3冊」) 23.丸谷才一
  『本の雑誌 2015.6号』 (池上冬樹)
■ 所 在
  県立 7F外国文学933ト 市立933ド

【書籍】 篠沢秀夫 『フランス三昧』 中公新書 2002.1


☆ふーむ。ケルトの色濃く。
(著作)篠沢フランス文学講義、フランス文学案内 県立 大学、もうひとつのフランス 市立
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『大読書日記』 2002年 鹿島茂 2015
■ 所 在
  県立 7FS235シ 市立

【書籍】 デヴィッド・W・ウォルフ 『地中生命の驚異』 青土社 2003.5


副題:秘められた自然誌
☆ちょっと古いかな。 
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『世界を知る101冊』 No.37 海部宣男 2011.6
  『大読書日記』 2003年 鹿島茂 2015
■ 所 在
  県立 8F自然科学613.5ウ 大学613.56W84

【書籍】 デイヴィッド・グターソン 『殺人容疑』 講談社文庫 1996.9


☆戦後すぐ、日系アメリカ人の裁判。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.6号』 (池上冬樹)
■ 所 在
  7FB933ク

【書籍】 柳広司 『パルテノン』 実業之日本社 2004.7


副題:アクロポリスを巡る三つの物語
☆こういうものもいい。
(あとがき)パルテノン神殿は、1687年ヴェネチア軍により破壊された。
(参考) 拙著 饗宴 ソクラテス最後の事件 県立 7F 市立
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立 7Fヤナ 市立ヤナ

2015年9月30日水曜日

【書籍】 栗原亨監修 『廃墟の歩き方 探索篇』 イースト・プレス 2002.5


(関連図書)
廃墟遊戯 小林伸一郎
廃墟漂流 小林伸一郎
懐古文化総合誌 萬 廃墟の魔力 
『鉄道廃墟 棄景1971』 丸田祥三
棄景 廃墟への旅 丸田
崩れゆく記憶 端島炭鉱閉山18年目の記録 柿田
軍艦島 雑賀
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『大読書日記』 2002年 鹿島茂
■ 所 在
  県立 8F自然科学523.1ハ

【書籍】 多田文明 『迷惑メール、返事をしたらこうなった。』 イースト・プレス 2013.11


副題:詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今月読む本』 2013.12(その1)
■ 所 在
  県立 8F365タ 市立365タ

【書籍】 島村英紀 『火山入門』 NHK出版新書 2015.5


副題:日本誕生から破局噴火まで
☆新書ながら情報が詰まっている。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.6.28 毎日新聞
■ 所 在
  市立453シ

【書籍】 六車由美 『介護民俗学へようこそ!』 新潮社 2015.8


副題:「すまいるほーむ」の物語
☆オーラルヒストリーとしても年寄りの話しは重要だな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.8.30 広告
■ 所 在
  市立380ム

【書籍】 アンソニー・F・アヴェニ 『ヨーロッパ祝祭日の謎を解く』 創元社 2006.12


☆まあまあ
(書籍)×神々への階、ナスカ地上絵の謎 県立 市立268ア
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『大読書日記』 2007年 鹿島茂
  『鹿島茂の書評大全 洋物篇』 1.文化の源流をたどる ヨーロッパ文化史
■ 所 在
  県立 市立386ア

【書籍】 エリザベス・コストヴァ 『白鳥泥棒』 NHK出版 2012.12


☆2作目だが、引き込まれるな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『ヒストリアン I, II』
■ 所 在
  県立 7F933コ 市立933コ

2015年9月29日火曜日

【書籍】 ケン・リュウ 『紙の動物園』 早川書房 2015.4


☆なかなかいい。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.28 朝日新聞
  『本の雑誌 2015.7号』 (大森)
  『本の雑誌 2015.5号』 (山岸)
■ 所 在
  県立 7F933リ 市立933リ

【書籍】 大矢タカヤス 『地図から消えた国、アカディの記憶』 書肆心水 2008.6


副題:『エヴァンジェリンヌ』とアカディアンの歴史
☆カナダのフランス植民地にアカディがあったが、後にイギリス領となり、アメリカ各地に強制移住させられた。それが記憶に残っているのが、『エヴァンジェリンヌ』という詩のおかげという。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『大読書日記』 2008年 鹿島茂 2015
■ 所 在
  県立 市立

【書籍】 『吉本隆明「食」を語る』 毎日新聞社 2005.3


☆ゲーテの色彩論、三木成夫 人間生命の誕生
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『大読書日記』 2005年 鹿島茂 2015
■ 所 在
  県立 市立

【書籍】 ルイス・ダートネル 『この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた』 河出書房新社 2015.6


☆ファインマンによるメッセージ「原子仮説。すべての物質は原子からできていて、永久に動き回る小さい粒子はいくらか離れているときはたがいに引き合うが、押しつけられると反発する」
☆思考実験としての技術の再構築。本の趣旨には全くそのとおりだと思うが、内容の方向性がちょっと違うな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.8.23 日経新聞 8.9 朝日
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 2015年 夏休み) VOL.137 2015.07.01 
■ 所 在
  県立 市立504ダ

【書籍】 佐川美加 『パリが沈んだ日』 白水社 2009.12


副題:セーヌ川の洪水史
☆最初に、年代別のセーヌ川の変遷をきちんとつけるべき。それでかなりわかりやすくなる。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『大読書日記』 2010年 鹿島茂 2015
■ 所 在
  県立 市立

2015年9月28日月曜日

【書籍】 小森雅章 『庭師とあるく 京の隠れ庭』 平凡社 2014.7


☆さすがにすごい。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2014.9-)』 2014.9.21 読売 2014.9.14 朝日新聞
  『新聞書評(2014.7-)』2014.7.27 広告
■ 所 在
  7FG629.2オ 市立629オ

【書籍】 佐藤彰一 『禁欲のヨーロッパ』 中公新書 2014.2


副題:修道院の起源
☆もともとは独りで生き、修行する修道者。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『大読書日記』 2014年 鹿島茂
  『みすず2014年読者アンケート』  45 廣瀬浩司 哲学 90 根津順一 経済思想史
  『今月読む本(2014.1-)』 2014.4(その2)
  『新聞書評(2014年総括)』 毎日(2014年この3冊)14.鹿島茂 仏文学
  『新聞書評(2014.5-)』 2014.6.8 毎日新聞
  『新聞書評(2014.3-)』 2014.4.20 日経新聞
■ 所 在
  7FS196.8サ 大学2253

【書籍】 土屋敦 『男のパスタ道』 日経プレミアシリーズ 2014.6


☆ニンニクはスペイン産。唐辛子は天日乾燥か、自分で干す。
(オイルソース一人)ニンニク8gを5ミリはば。太白ごま油20ml。弱めの中火。
(時短のペペロンチーノ)パスタ(バリラ 1.4ミリ。100g)、水道水350ml(2人分500ml)塩3g(2人4g)太白ゴマ油20ml、ニンニク8g、鷹の爪半分、塩1.5g、香り付け(エクストラヴァージンオイル13ml)。ニンニクの次、唐辛子。パスタを半分に。ゆで7分。6分30秒でゆで汁50ml(2人75ml)をフライパンへ。
(生パスタ風)パスタ(1.7ミリ100g)。パスタをつける水200ml。パスタをゆでる300ml。塩1.5g。オイルソース(塩2.5g)。パスタ+ミスをジップ付ポリ袋で1時間。ゆで3分30秒。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆

/  『HONZ 今年の1冊』 2014
  『今月読む本(2014.1-)』 2014.7(その2)  2014.6(その1)
  『今週はこれを読め(vol.61-, 2014.1-)』 vol.94 2014.8.27  vol.84 2014.6.18 vol.82 2014.6.4
■ 所 在
  市民 市立596ツ

【書籍】 デーヴィッド・アトキンソン 『新・観光立国論』 東洋経済新報社 2015.6


副題:イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」

p.202 日本は「気候」「自然」「文化」「食事」という、観光立国における4つの条件を兼ね備えている、世界でも稀な国。
p.178 アメリカ政府観光局によると、外国人観光客が観光のスケジュールを立てるのは、渡航のおおよそ112日前。→日本のウェッブサイトは改善の余地がある。
p.182 桜の時期などには、事前にインターネットで予約するサービスや、追加料金を支払うことで優先的に入場できるファストパスのおゆなサービスを求める声もある。
p.198 観光地や交通機関にVIPや富裕層向けの優遇措置を設けることも必要なのではないか。
p.206 日本の成功例として、ニセコのスキー場。
p.208 富士山:ビジターセンター、休憩場、登山道、観察場所などはもっと整備されてもいい。外国人観光客の評価では、ビジターセンターは原始的で、観光客が楽しめる情報が足りないという指摘がある。特に、富士山の意味合い、歴史的にどのような位置づけであり、日本人にとってどのような存在なのかというストーリーに関しては、少なすぎるという不満の声あり。
p.211 ヨーロッパ、オセアニアの人々は、「文化・歴史」に関心が強い。
p.220 文化財には説明と展示が不可欠。
p.227 「ゆるキャラ」は外国人観光客には「子どもだまし」の観光PRという印象を抱くかもしれない。
p.230 ウェブサイト、ガイドブックも多言語化(各種言語を用意する)
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.8.2 読売新聞 7.12 毎日 7.5 朝日
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.28 日経新聞
■ 所 在
  県立 8F689.1ア 市立689ア

2015年9月14日月曜日

【書籍】 梯久美子 『廃線紀行』 中公新書 2015.7



(座右の書)
新鉄道廃線跡を歩く 今尾恵介(東北版 県立 8F686.2イ1、×日本鉄道旅行地図帳 今尾
(著作)『散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道』、昭和二十年夏、僕は兵士だった、昭和二十年夏、女たちの戦争、昭和二十年夏、子供たちが見た戦争(県立 7階壁書架916カ 市立916カ)、×硫黄島 栗林中将の最期、世紀のラブレター(県立 7fS281.0カ)、百年の手紙 岩波新書 県立 7fS281.0カ 大学1408)
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.8.30 読売新聞 7.26 日経
■ 所 在
  7FS686.2カ 大学2331

【書籍】 吉村生 高山英男 『暗渠マニアック!』 柏書房 2015.7


☆東京は水の街だな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.9-)』 2015.9.20 朝日新聞 9.6 毎日
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.8.30 読売新聞
■ 所 在
  県立 市立291.3ヨ

【書籍】 柳広司 『パラダイス・ロスト』 角川書店 2012.3


☆短篇集なので、ちょっと迫力が
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2013年版』 1.国内ベストテン  No.16
■ 所 在
  県立 7F日本文学ヤナ 市立913.6ヤナ

【書籍】 スヴァンテ・ペーボ 『ネアンデルタール人は私たちと交配した』 文藝春秋 2015.6


☆画期的な論文が2010年に発表されるまで
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.8.23 朝日新聞 8.9 日経 7.19 毎日新聞
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.138 2015.07.08 VOL.137 2015.07.01
■ 所 在
  県立 市立469ペ

【書籍】 廣瀬敬 『できたての地球』 岩波科学ライブラリー 2015.5


副題:生命誕生の条件
☆うーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.28 毎日新聞 .6.14 広告
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.138 2015.07.08
■ 所 在
  県立 市立450ヒ 大学450H72

【書籍】 近藤誠一 『FUJISAN 世界遺産への道』 毎日新聞社 2014.6


☆外務省出身、第20代文化庁長官が語る世界遺産登録までの道
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.1-)』 2015.2.1 日経新聞
  『新聞書評(2014.7-)』 2014.7.20 毎日新聞
■ 所 在
  8F709コ

【書籍】 スティーヴ・シャンキン 『原爆を盗め!』 紀伊國屋書店 2015.3


副題:史上最も恐ろしい爆弾はこうしてつくられた
☆ソ連のスパイがアメリカの原爆開発チームにいて、設計図を盗んでいたとは。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.4.12 日経新聞
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.132 2015.05.2 VOL.130 2015.05.13 VOL.126 2015.04.15 VOL.122 2015.03.18
■ 所 在
  県立 6FY25シ市立559シ

【書籍】 ジョン・マコーミック 『世界でもっとも強力な9のアルゴリズム』 日経BP社 2012.7


☆以外にまともっぽい。
(参考文献)
Dewdney  (New) Turing Omnibusコンピュータ・プログラミングの知識が必要
Juraj Hromkovic Algorithmic Adventures  数学の知識必要
Dasgupta Algorithms, Feldman Algorithmics, Cormen Introduction to Algorithms 大学レベル、
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『ノンフィクションはこれを読め! 2013』 No.5
■ 所 在
  市立007マ

2015年9月9日水曜日

【書籍】 内田樹編 『日本の反知性主義』 晶文社 2015.3


☆ホーフスタッターの「アメリカの反知性主義」から取った言葉という。ただ、反「知性」主義なのか、反「知性主義」なのか、どうもわからないな。何か、反のつかない言葉でいい替えできないだろうか。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.28 広告
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.123 2015.03.25
■ 所 在
  県立 市立304ニ


【書籍】 デニス・ルヘイン 『ザ・ドロップ』  早川書房 2015.3


☆うーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.4.19 毎日新聞
  『本の雑誌 2015.6号』 (酒井貞道)
  『本の雑誌 2015.4号』 (宇田川拓也)
■ 所 在
  県立 7F933レ 市立933レ

2015年9月8日火曜日

【書籍】 高野秀行 『怪獣記』 講談社 2007.7


☆トルコでジャナワールという未知の動物を調査。実際に見てしまった。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.6号』 (本の雑誌が選ぶ40冊 )No.14
■ 所 在
  県立 7FT292.7タ

【書籍】 ベン・ホロウィッツ 『ハード・シングス HARD THINGS』 日経BP社 2015.4


副題:答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
CEOとしての経験を語る。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.5.24 日経新聞
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.4.26 広告
  『今月読む本(2014.1-)』 2015.5(その1)
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.141 2015.07.29
■ 所 在
  8FN335.1ホ

【書籍】 岩本裕 『世論調査とは何だろうか』 岩波新書 2015.5


☆NHKの記者出身
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.7.5 朝日新聞
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.28 日経新聞 6.14 毎日
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.136 2015.06.24
■ 所 在
  県立 7FS361.4イ 大学1546

【書籍】 野村哲也 『イースター島を行く』 中公新書 2015.6


副題:モアイの謎と未踏の聖地
☆神秘な場所がいろいろとあるな。
(著作)『パタゴニアを行く』『世界の四大花園を行く』
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  7FS297.5ノ 大学2327

【書籍】 葉真中顕 『ロスト・ケア』 光文社文庫 2015.2


☆日本ミステリー文学大賞新人賞とのことだが、今ひとつだな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン)No.11(参考)
■ 所 在
  県立 7Fハマ 市立ハマ

2015年9月7日月曜日

【書籍】 ラッセル・エドワーズ 『切り裂きジャック 127年目の真実』 角川書店 2015.2


☆被害者のショールを落札し、DNA鑑定へ、犯人をアーロン・コスミンスキーと特定
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.122 2015.03.18
■ 所 在
  市立368エ

【書籍】 藤原章生 『湯川博士、原爆投下を知っていたのですか』 新潮社 2015.7


副題:”最後の弟子”森一久の被爆と原子力人生
☆なかなか興味深いな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.8.2 広告
■ 所 在
  市立289モ

【書籍】 村上龍 『69』 集英社 1987.8


☆高校3年生だった1969年の出来事の一部らしい。青春グラフィティ。 
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.6号』 (本の雑誌が選ぶ40冊 )No.37
■ 所 在
  7Fムラ 市立ムラ

【書籍】 ピエール・ルメートル 『死のドレスを花嫁に』 柏書房 2009.7


☆うーん。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立

【書籍】 スティーヴン・ジェイ・グールド 『ぼくは上陸している』(上下) 早川書房 2011.8


副題:進化をめぐる旅の始まりの終わり
☆最後のエッセイ
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.8.2 朝日新聞
■ 所 在
  市立467グ

【書籍】 小谷太郎 『科学者はなぜウソをつくのか』 dZERO 2015.7


副題:捏造と撤回の科学史
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立 市立407コ

【書籍】 高橋克彦 『火怨』(上下) 講談社 1999.10


☆朝廷に反逆したえみしアテルイの話
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.6号』 (本の雑誌が選ぶ40冊 )No.7
■ 所 在
  県立 7Fタカ 市立

【書籍】 西村寿行 『滅びの笛』 廣済堂出版 1997.10


☆笹の開花で異常繁殖するネズミに襲われる人間。狩猟で鳥が減少も被害拡大に。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.6号』 (北上次郎の40冊 )No.1
■ 所 在
  7Fニシ 市立

【書籍】 ハンク・フィッシャー 『ウルフ・ウォーズ』 白水社 2015.4


副題:オオカミはこうしてイエローストーンに復活した
☆自然保護団体として、オオカミのイエローストーンへの導入に関わった経緯が書いてある。牧場主対策としての「オオカミ補償基金」が流れを変えた。また、政治家とのやりとりにも触れてある。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今月読む本(2014.1-)』 2015.5(その2)
■ 所 在
  県立 市立489フ

2015年9月1日火曜日

【書籍】 北森鴻 『花の下にて春死なむ』 講談社 1998.11


☆なかなかいい。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.7号』 (北森鴻の10冊)
■ 所 在
  県立 7Fササ 市立

【書籍】 服部文祥 『狩猟サバイバル』 みすず書房 2009.11


(鹿の食べ方)
p.196-
・焼き肉:薄く切って塩コショウして焼く。独特の臭みが出るので、ニンニクをまぶし、バターを使う。
・しゃぶしゃぶ:血を洗い流せるので、子どももお気に入り。
・煮込み:味噌煮、カレー。焼き肉よりも食べやすい。
・その他:野菜炒め、チャーハンも可能

(イノシシの食べ方) 
・豚汁:おいしい。みそと相性がいい。

野生肉の味は個体差が大きい。野生肉は筋張っていて歯に挟まるのでのとっておかないと、歯茎が腫れる。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『探検家の日々本本』 (読書日記)No.7関連
■ 所 在
  県立 8F自然科学659ハ

【書籍】 黒田龍之助 『羊皮紙に眠る文字たち』 現代書館 1998.12


副題:スラヴ言語文化入門
☆木村 古代教会スラブ語入門(大学)、東京外国語大学語学研究所 世界の言語ガイドブック1 古代スラヴ語の項(県立 青森 市立)
種村季弘 ハレスはまた来る 偽書作家列伝(県立 市立)
石井哲士郎 エクスプレス・ポーランド語(県立'08'03 青'03 市立'03)、木村彰一 白水社ポーランド語辞典(青森 市立 大学 禁帯出)
中島 バルカンをフィールドワークする(青森)
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.6号』 (8.池上冬樹の40冊)No.25
■ 所 在
  県立 8F一般調査889ク 大学889Ku72


【書籍】 ヨルン・リーエル・ホルスト 『猟犬』 早川書房 2015.2


☆2013年ガラスの鍵賞。ノルウェーの元(?)警察官。読める。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.5号』 (酒井)
■ 所 在
  7F949ホ 市立943ホ

【書籍】 クラーク・ハワード 『処刑のデッドライン』 早川書房 1975.4


☆死刑に値する罪は何かがテーマ。アメリカのキャリル・チェスマンという死刑囚の実話が基になっている。
(著作 アルカトラズの6人 県立 市立)
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.6号』 (8.池上冬樹の40冊)No.25
■ 所 在
  県立

【書籍】 海野弘 『チェコの挿絵とおとぎ話の世界』 パイインターナショナル 2014.12


☆チェコもそうだが、東欧、中欧は興味深いな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.6号』 (大崎梢)
■ 所 在
  県立

【書籍】 藤吉雅春 『福井モデル』 文藝春秋 2015.4


副題:未来は地方から始まる
☆福井県内の自治体や中小企業の取り組み。なかなか興味深いな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.7.5 読売新聞
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.14 朝日新聞 5.10 日経
■ 所 在
  県立

【書籍】 NPO西山卯三記念すまい・まちづくり文庫編集 『軍艦島の生活 1952/1970』 創元社 2015.6


副題:住宅学者西山卯三の端島住宅調査レポート
☆京都大学西山教授が19852年と1970年の調査したレポートから編集。当時の住宅環境・労働環境がわかる資料となっている。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.8.16 読売新聞
■ 所 在
  市立365グ

【書籍】 清水潔 『遺言 桶川ストーカー殺人事件の深層』 新潮社 2000.10


☆フォトジャーナリストの筆者が犯人を特定するまで。埼玉県警の話とか、捕まった実行犯の裁判とかはどうなったのだろうか。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.141 2015.07.29
  『今週はこれを読め(vol.61-, 2014.1-)』 vol.64 2014.1.29 vol.63 2014.1.22
  『本の雑誌 2015.6号』 1.本の雑誌が選ぶ
■ 所 在
  8F社会科学368.6シ

2015年8月28日金曜日

【書籍】 洋泉社編集部編 『江戸の理系力』 洋泉社 2014.4


☆江戸時代の理系力は高いとしても、問題はその広がりであったり、継承されたかどうかと思う。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2014.3-)』 2014.4.6 広告
  『ノンフィクションはこれを読め!2014』 (日本史)NO.4
  『今月読む本(2014.1-)』 2014.4(その2)
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 vol.76 2014.4.23
■ 所 在
  市立402エ

【書籍】 何義麟 『台湾現代史』 平凡社 2014.9


☆二・二八事件をめぐる歴史の再記憶
台湾の2.28事件も済州島の4.3事件も最近まで全く知らなかった。
最も、2.28事件は台湾でも最近まで抹消された記憶(事件)であったらしい。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2014.11-)』 2014.11.16 読売 11.2 日経
  『みすず2014年読者アンケート』  14 藤井省三 中国文学
■ 所 在
  県立

【書籍】 マイクル・コナリー 『ラスト・コヨーテ』(上下) 扶桑社 1996.6


☆思い出せない。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  7FB933コ

【書籍】 渡辺裕之 『偽証 オッドアイ』 中央公論新社 2015.1


☆設定が。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  7Fワタ 市立ワタ

【書籍】 佐々木譲 『うたう警官』 角川春樹事務所 2004.12


☆道警の裏金作り事件をヒントに
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.4号』 (佐々木譲の10冊)関連
■ 所 在
  県立 7Fササ 市立

【書籍】 ダニエル・C・デネット 『思考の技法』 青土社 2015.4


副題:直観ポンプと77の思考術
☆ちょっと大部だな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.4.26 広告
  『今月読む本(2014.1-)』 2015.5(その1)
■ 所 在
  県立

【書籍】 武井弘一 『江戸日本の転換点』 NHK出版 2015.4


副題:水田の激増は何をもたらしたか
p.67 シカやイノシシの侵入を防ぐために、苗代のまわりには竹や雑木が並べられていたが、十分に防ぐことはできない。江戸時代の農村には鉄砲が預けられていた。百姓が鉄砲を持っていたのは、まさにこの獣害を防ぐためであった。しとめられた獣は食肉となり、貴重なタンパク源になった。(武井 鉄砲を手放さなかった百姓たち)
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.5.24 朝日新聞 5.10 日経
  『今月読む本(2014.1-)』 2015.5(その1)
■ 所 在
  8F210.5タ 市立210.5タ

2015年8月27日木曜日

【書籍】 マーク・ボイル 『ぼくはお金を使わずに生きることにした』 紀伊國屋書店 2011.11


☆1年間の実験的生活。準備として、普段の生活を分解して、お金を使わずにどうするか計画。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.21 読売新聞
  『若い人に贈る読書のすすめ 』 2013 No.22
  『「知」の読書術』 第8章 佐藤優 2014
■ 所 在
  県立 7F外国文学933ホ 市立936ボ

【書籍】 ジャック・エル=ハイ 『ナチスと精神分析官』 KADOKAWA 2015.4


☆ニュルンベルクでナチ高官を診察した精神科医。彼は、ナチ気質などなく、だれもがなりうるとした。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.14 読売 5.31 朝日
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.138 2015.07.08 VOL.125 2015.04.07
■ 所 在
  県立 8F329.6エ 市立329エ

【書籍】 スティーヴン・ハンター 『第三の銃弾』(上下) 扶桑社 2013.12


☆今回は、JFK暗殺事件がテーマなんだが。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立 7F933ウ 市立

【書籍】 ジェレミー・スケイヒル 『ブラックウォーター』 作品社 2014.8


副題:世界最強の傭兵企業
☆現在は、アカデミと名称が変更したらしい。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2014.9-)』 2014.10.19 日経新聞 10.5 朝日
  『今月読む本(2014.1-)』 2014.8(その2)
  『今週はこれを読め(2015.1-)』VOL.125 2015.04.07
■ 所 在
  県立 8F社会科学393.2ス

2015年8月25日火曜日

【書籍】 A・M・ウィリアムスン 『灰色の女』 論創社 2008.2


A Woman in Grey (1898)
黒岩涙香が翻案し、江戸川乱歩がリライトした『幽霊塔』の原作らしい。設定は本当に原作に忠実。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  江戸川乱歩 『幽霊塔』
■ 所 在
  県立 7F933ウ 市立933ウ

【書籍】 カズオ・イシグイロ 『忘れられた巨人』 早川書房 2015.4


☆うーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.21 日経 5.31 朝日 毎日 読売 5.17 広告  
『今週はこれを読め(2015.1-)』 (2015年 夏休みにはこれを読め)
■ 所 在
  県立 7Fイシ 市立イシ

【書籍】 森本あんり 『反知性主義』 新潮社 2015.2


副題:アメリカが生んだ「熱病」の正体
☆アメリカの現世での利益を求めるキリスト教。反インテリの風潮らしい。
キリスト教原理主義もこれなのかな?

p.259 知性(intellect)は人間だけ、知能(intelligence)は動物もある。知性とは単に何かを理解したり分析したりする能力だけでなくて、それを自分に適用する「ふりかえり」の作業を含む、ということだろう。
p.260 知性の「ふりかえり」が欠如していないか、知性が知らぬ間に謁見行為を働いていないか、自分の権威を不当に拡大使用していないか。そのことを敏感にチェックしようとするのが反知性主義である。
p.262 反知性主義は、知性と権力の固定的な結びつきに対する反感。知的な特権階級が存在することへの反感。「ハーバード主義」への反感。ハーバード大学の出身者が固定的に国家などの権力構造を左右する立場にあり続けることに対する反感。
アメリカは民主的で平等な社会を求めるから、キリスト教が反知性主義として力をもつ。
(参考)ホーフスタッター アメリカの反知性主義 県立 大学302.53H81

■ 書籍情報入手先   ★☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.4.12 日経新聞 3.8 毎日 3.1 広告
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 (2015年 夏休みにはこれを読め)
■ 所 在
  県立 市立192モ

【書籍】 イアン・ランキン 『血の流れるままに』 早川書房 1999.4


☆スコットランドのリーバイス警部
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立 7F外国文学933ラ 市立933ラ

【書籍】 トマ・ピケティ 『21世紀の資本』 みすず書房 2014.12


☆流行っているので、手にとってみましたが....
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2014.11-)』 2014.12.28 毎日 12.21 朝日 毎日(35) 日経 12.14 毎日(5、11) 読売 11.2 日経
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.135 2015.06.17 VOL.113 2015.01.1
  『みすず2014年読者アンケート』  107 キャロル・グラック 日本史 152 喜安朗 フランス史 159 勝俣誠 アフリカ地域研究
■ 所 在
  県立 8F社会科学331.8ヒ 市立331ピ 大学331.85P64

【書籍】 高野潤 『新大陸が生んだ食物』 中公新書 2015.4


副題:トウモロコシ・ジャガイモ・トウガラシ
☆写真家だけあってきれいな写真
(著作 『インカを歩く』『マチュピチュ』『インカ帝国』、ジャガイモの世界史 中公新書)
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立 7FS616.6タ 大学2316

2015年8月20日木曜日

【書籍】 山田奨治 『東京ブギウギと鈴木大拙』 人文書院 2015.4


☆鈴木大拙の不肖の息子のはなし。(養子だが、実子として届け出。)スコットランド人とのハーフで色男であったこもあり、女性問題多く、晩年の大拙を悩ませる。ただ、息子は東京ブギウギの作詞家という。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.5.10 朝日新聞
■ 所 在
  県立 市民 市立

【書籍】 鈴木芳行 『日本酒の近現代史』 吉川弘文館 2015.5


副題:酒造地の誕生
p.130 一升ビンが酒樽にかわるような勢いとなるのは、関東大震災がきっかけ。大震災後、復興需要で杉材の払拭し、杉製の酒樽は高騰し、代用として一生ビンの需要が一kに伸びた。
p.156 昭和18年、戦時増税のため、酒質に応じて課税する級別制度を採用した。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.5.24 読売新聞
■ 所 在
  県立

【書籍】 ダニエル・スミス 『絶対に行けない世界の非公開区域99』 日経ナショナルジオグラフィック社 2014.12


副題:ガザの地下トンネルから女王の寝室まで
☆今ひとつ
(参考 『奇跡のサバイバル60』『世界のどこでも生き残る完全サバイバル術』
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.4.5 読売新聞
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.137 2015.07.01 VOL.126 2015.04.15 VOL.114 2015.01.21
■ 所 在
  県立 8F290ス 市立290ス

【書籍】 ドミニク・レスブロ 『街角の遺物・遺構から見たパリ歴史図鑑』 原書房 2015.4


☆いろいろなものが残っているな。ちょっと、自分の街も調べたくなる。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.5.10 毎日新聞
■ 所 在
  県立 市立235レ

2015年8月19日水曜日

【書籍】 ロバート・B・パーカー 『初秋』 早川書房 1982.9


☆いわゆる、ハードボイルド。7作目。
ゴッドウルフの行方(県立 9F 7FB933ハ)、誘拐、失投、約束の地、ユダの山羊、レイチェル・ウォレスを捜せ、銃撃の森
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.21 日経新聞
■ 所 在
  7F933ハ

【書籍】 服部文祥 『サバイバル登山家』 みすず書房 2006.6


☆なかなか興味深い。自分の弱さなりを開示しているのは、一種の照れであろう。
(著作 『ツンドラ・サバイバル』『狩猟サバイバル』、百年前の山を旅する 県立 市立'10 狩猟文学マスターピース 県立 市民 市立'11)
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『探検家の日々本本』 (読書日記)No.1関連
■ 所 在
  県立

【書籍】 黒木登志夫 『iPS細胞』 中公新書 2015.4


副題:不可能を可能にした細胞
☆第1章・第2章の基本的解説がよい。よくわかる。
(著作)がん遺伝子の発見、健康・老化・寿命、落下傘学長奮闘記、知的文章とプレゼンテーション、研究不正(仮題)
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.7.12 日経
■ 所 在
  7FS491.1ク 大学2314

【書籍】 安藤啓一 上田泰正 『狩猟始めました』 ヤマケイ新書 2014.12


副題:新しい自然派ハンターの世界へ
☆小冊子ながら、情報が詰まっている。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立

(抜き書き)
p.93 猟友会の関係者によると、「地方では農作物の被害対策として農業者に罠の狩猟免許を取得するよう勧めている。そのため猟銃所持者は減っても、罠猟を始める人がでてきている」といった傾向がある。
p.94 「東京都で、20代などの若い人が狩猟免許の試験会場で目立つ」これは人気の狩猟漫画『山賊ダイアリー』(岡本健太郎作)で主人公が空気猟銃していることが理由だ。
p.95 自給自足のような農的ライフスタイルに憧れている若者たちも狩猟には関心が高いようで、オーガニックな農業をしている農家イベントで「鹿の解体プログラム」を企画すると多くの参加者が集まる。普段は野菜しか食べていなくても、野生肉は食べるという人もいる。
p.96 H25.10、岐阜県で開催された第1回狩猟サミットには、全国150名以上が参加した。

p.97 自然ガイド井戸直樹 「獲物を使い尽くすことがテーマ。狩猟者は野生動物を撮り続けたいから、森の生態系を保全していくことを考えます。農家の中には、鹿や猪を地域から絶滅させたいと思っている人もいて、この考えの方が心配です。」

p.110 民宿女将 梅野知子 島根県で「ハンター民宿BA-BAR」を営む。ハンター体験ができる民宿を提供し、獣肉を料理できると話題。

p.122 石崎英治 都内で野生肉料理のカフェ「エゾシカカフェ」の営む。野生肉卸売業を営む。店内で野生肉の料理を次々に作ってくれる。
p.125 石崎さんは頭から首を撃った獲物を仕入れる。腹にあたっていると、肉に消化管の匂いが移っている可能性。後ろ足だとその部分は使えず歩留まりが悪い。
p.126 石崎:ヨーロッパでは、「この鹿肉はミネラリーだ」と評価しています。食べすぎても胃が疲れないというお客さんは多いです。

p.143 銃弾が当たると、衝撃波によって広範に破壊される。その部分は臭くて食べられない。腹部では内蔵が破壊され、消化管の内容物が飛び散ってしまい、匂いが移るおそれがある。心臓のハツや肝臓のレバーは旨い部位なので傷つけたくない。首を狙うのがベストショット。

p.188 鳥獣害に悩む地域では農業者の狩猟免許の取得を奨励するようになってきた。ただ、猟銃の管理が負担なので、罠猟限定で狩猟免許を取得する農業者も目立つ。そのため、罠にかかった動物の止め刺しは狩猟者に頼むようなことになるが、それでも大きな前進だ。

p.188 鳥獣保護管理の指針で、専門的な認定事業者を捕獲管理の担い手にする計画で、そのため、都道府県ごとに管理計画を策定し、それに基づいて委託事業者に目標頭数の捕獲をしてもらうという。

【書籍】 樺沢紫苑 『読んだら忘れない読書術』 サンマーク出版 2015.4


『精神科医がお勧めする珠玉の31冊』
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.7.12 広告
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.21 広告
■ 所 在
  8F019.1カ

(概要)
基本読書術1 記憶に残る
・何度も利用 1周間に3回アウトプット(メモる、人に話す。感想や気づきをfacebookでシェア。書評、レビューを書く(facebook,メルマガ)
・心が動く
基本読書術2 スキマ時間読書術
基本読書術3 速読より深読 読後、内容を説明でき、議論できること
アウトプット読書術1 ・マーカーとボールペンで。気づきや疑問点を書き込む
・3行読書術 重要なところを1行で3ヶ所
アウトプット読書術2 複数の切り口で説明
アウトプット読書術3 ソーシャル読書術。感想をシェア(facebookで数行)。あるいは、名言投稿(名言+コメント)
アウトプット読書術4 レビューライティング読書術 
アウトプット読書術5 1冊の本から情報を絞り尽くす(アウトプットを前提にインプットする)。1冊の本から投稿記事を2つ。レビューは翌日以降
スキマ時間記憶強化読書術1 15分の制限時間
スキマ時間記憶強化読書術2 15分のスキマ時間読書
スキマ時間読書強化読書術3 高い集中力15分、普通の集中力が45分、休憩挟んで90分
スキマ時間読書強化読書術4 寝る前の読書は記憶に残る
超実践編1 パラパラ読書術 全体把握、目的設定、速読か精読か決める
超実践編2 知りたい部分を先に読む。最書の5分は記憶に残りやすい
超実践編3 少しむずかしいレベル
超実践編4 ワクワク読む
超実践編5 一気に読む
超実践編6 著者に会う

facebookのニュースフィードを参考に
書評メルマガ  www.bbook.jp/mag.html
アマゾンのレコメンドを参考に
数珠つなぎで読む 参考文献などで固め読み
google scholar で探す
Kindle はファイアも可
アマゾンプライムで本月1冊

【書籍】 塚谷裕一 『スキマの植物の世界』 中公新書 2015.3


☆前著「スキマの植物図鑑」 7FS470ツ 大学2259
亘理俊次 『芝棟 屋根の花園を訪ねて』 県立 大学書庫
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.4.19 読売新聞
■ 所 在
  7FS470ツ 大学2311

【書籍】 稲垣清 『中南海』 岩波新書 2015.4


副題:知られざる中国の中枢
☆いやー、知らなかったな。中国の党・政府の要人が中南海という、かつての皇帝の住まいである、小島に住んでいるとは。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.130 2015.05.13
■ 所 在
  県立 7FS312.2イ 大学1540

【書籍】 池田信夫 『日本人のためのピケティ入門』 東洋経済新報社 2014.12


副題:60分でわかる『21世紀の資本』のポイント
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.125 2015.04.0 VOL.113 2015.01.14
  『今週はこれを読め(vol.61-, 2014.1-)』 VOL.111 2014.12.24
■ 所 在
  8F社会科学331.8イ

【書籍】 平岡昭利 『アホウドリを追った日本人』 岩波新書 2015.3


副題:一攫千金の夢と南洋進出
☆『アホウドリと「帝国」日本の拡大』http://takatakos.blogspot.jp/2013/04/201211_30.htmlのダイジェスト版であるが、やはり、元本の方が迫力があるな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.5.10 毎日新聞
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.4.19 朝日新聞
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.127 2015.04.22
■ 所 在
  県立 7FS334.4ヒ 市立334ヒ 大学1537

(岩波新書から)
かつお節と日本人
バナナと日本人
漂海民 大学書庫
ルソン戦 県立 7F 市立 大学書庫
×太平洋海戦史

2015年8月18日火曜日

【書籍】 最相葉月 『ナグネ』 岩波新書 2015.3


副題:中国朝鮮族の友と日本
☆帝国日本による占領下において、満州に朝鮮から移住したとのこと。
最相葉月の本は何冊か読んでいるが、これが一番素直に読める本。
なお、ナグネは旅人の意らしい。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.127 2015.04.22
■ 所 在
  県立 7FS334.4サ 大学1539

【書籍】 前間孝則 『悲劇の発動機「誉」』 草思社 2007.7


副題:天才設計者中川良一の苦闘
☆理論的にいいエンジンでも実用的かどうかは別。その辺がチェックされつくしていなかったのではないか、ということらしい。
航空機の設計者は戦後、自動車産業へ
(著作 マンマシンの昭和伝説 県立 8F自然科学538.0マ 市立 大学書庫 技術者たちの敗戦 県立 9F 市立 日本はなぜ旅客機をつくれないのか 県立 8F自然科学538.0マ 市立 大学538.09Ma27など)
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今月読む本(2014.1-)』 2015.5(その1)
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.129 2015.05.06
■ 所 在
  県立 市立

【書籍】 山本貴光 『世界が変わるプログラム入門』 ちくまプリマー新書 2015.4


p.193 「プログラムを作ることは世界に変化をもたらしうる」という発想を、かつてテッド・ネルソンのComputer Lib (1974) という本から教えられた。
☆あー、テッド・ネルソンか。偉大なるビジョナリスト。

プログラムを楽しむための作品ガイド
1 パワーズ・オブ・テン チャールズ・イームズレイほか。映像作品?。DVDのはか、ネットでも公開。 市立
×2 デバッグではじめるCプログラミング 山本貴光 プログラマーの頭の中
3 プログラムはこうして作られる 平山尚 (×ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術 も名著)大学(医5層007.64H32)
4 アルゴリズムが世界を支配する クリストファー・スタイナー 市立
5 コンピュータのひみつ 山本貴光 市民 市立 さらに詳しくは、×入門コンピュータ グレン・ブルックシア
5 www.codingame.com/start プログラム学習用のウェブサイト
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今月読む本(2014.1-)』 2015.5(その2)
■ 所 在
  6FY73ヤ 市立J007ヤ

【書籍】 熊野以素 『九州大学生体解剖事件』 岩波書店 2015.4


副題:七〇年目の真実
☆1945年米軍捕虜8名が手術を受け、死亡。首謀者とされた鳥巣太郎の姪が再審資料等で真実を明らかにする。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.7.5 朝日新聞
  『新聞書評(2015.1-)』 2015.6.7 読売新聞 2015.5.17 広告
  『今月読む本(2014.1-)』 2015.5(その1)
■ 所 在
  県立

【書籍】 ミチオ・カク序文 NHKスペシャル制作班編著 『NEXT WORLD』 NHK出版 2015.4


副題:未来を生きるためのハンドブック
☆最新科学の動向
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今月読む本(2014.1-)』 2015.5(その1)
■ 所 在
  市立304ネ

【書籍】 沢木耕太郎 『キャパへの追走』 文藝春秋 2015.5


☆キャパの写真の撮影場所を訪ねて。『キャパの十字架』とはまた別の味。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.138 2015.07.08
■ 所 在
  8F740.2キ 市立740サ

【書籍】 香坂玲 『生物多様性と私たち』 岩波ジュニア新書 2011.5


☆生物多様性と直接関係があるのかな?
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  6FY246 市立682

【書籍】 雲田康夫 『豆腐バカ 世界に挑む』 光文社 2006.3


☆森永乳業で10ヶ月持つ豆腐を開発したら、日本では売れない法律が成立。アメリカへ。20年にわたる現地駐在員へ。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今月読む本(2014.1-)』 2015.5(その2)
■ 所 在
  県立 市立

【書籍】 曲沼美恵 『メディア・モンスター』 草思社 2015.4


副題:誰が「黒川紀章」を殺したのか?
☆評伝なのだが、最後まで表題・副題の意味がわからない。建築家は作品で勝負なのだと思う。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.5.31 読売新聞
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.137 2015.07.01  VOL.130 2015.05.13
  『今月読む本(2014.1-)』 2015.5(その1)
■ 所 在
  県立 市立523マ

【書籍】 山本義隆 『原子・原子核・原子力』 岩波書店 2015.3


副題:わたしが講義で伝えたかっこと
☆思ったよりおもしろくない。科学史家という肩書が限界かな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.5.24 朝日新聞
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 2015年 (夏休みにはこれを読め) VOL.130 2015.05.13
  『今月読む本(2014.1-)』 2015.5(その1)
■ 所 在
  県立 市立429ヤ

【書籍】 リチャード・ロイド・パリー 『黒い迷宮』 早川書房 2015.4


副題:ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実
☆うーん。どうもよくわからない事件だな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.7 朝日新聞 日経新聞
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 2015年 夏休みにはこれを読め) VOL.137 2015.07.01 VOL.136 2015.06.24 VOL.129 2015.05.06
  『今月読む本(2014.1-)』 2015.5(その1)
■ 所 在
  8F326.2ハ 市立326パ

2015年8月17日月曜日

【書籍】 成毛眞 『メガ!』 新潮社 2015.2


副題:巨大技術の現場へ、ゴー
『ブックガイド』
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.4.12 朝日新聞
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.120 2015.03.04
■ 所 在
  県立 8F502.1ナ 市立502ナ

【書籍】 有馬邦明 『山のお肉のフルコース』 山と渓谷社 2014.10


副題:パッソ・ア・パッソのジビエ料理
☆家庭でできるジビエ料理レシピ付き
門前仲町のイタリア料理店
場所:東京都江東区深川2-6-1
tel 03-5245-8645
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.7.12 朝日新聞
  『新聞書評(2014.11-)』 2014.12.14 読売
■ 所 在
  市民

【書籍】 松本竜一 『砦に拠る』 河出書房新社 2000.1


「松本竜一 その仕事」
☆ダム建設に反対する13年にわたる国相手の闘争
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.7.12 読売新聞
  『齋藤孝のおすすめブックリスト』 4.社会認識
■ 所 在
  県立

2015年8月11日火曜日

【書籍】 『ナショジオが行ってみた究極の洞窟』 日経ナショナルジオグラフィック社 2015.4


☆表紙の写真が度肝を抜く。まるでミクロの決死隊。メキシコのナイカ鉱山で硫酸カルシウムの巨大結晶が生成。
(参考 空から見た美しき世界 県立 7FT290.8ソ 市立 絶景世界遺産 県立 市立 ×世界の美しい聖地 美しい世界の国立公園 県立 8F自然科学629.4ウ 市立 世界の非公開区域99 県立 8F人文科学290ス 市立)
■ 書籍情報入手先   ★☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.14 読売新聞
  『今月読む本(2014.1-)』 2015.5(その2)
■ 所 在
  県立 市立454ナ

【書籍】 大内孝夫 『「音大卒」は武器になる』 ヤマハミュージックメディア 2015.2


☆音大生は時間を守り、礼儀正しく、何よりも叱られてもめげない。その一方、音楽という夢を追い続け、失敗する事例も。だから、就職を。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.125 2015.04.07
■ 所 在
  県立

【書籍】 周防正行 『それでもボクは会議で闘う』 岩波書店 2015.4


副題:ドキュメント刑事司法改革
☆審議会の答申がまとめられるまでの攻防・顛末記
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.4.26 広告
  『今月読む本(2014.1-)』 2015.5(その1)
■ 所 在
  県立 市立327ス

【書籍】 ヘレナ・アトレー 『柑橘類と文明』 築地書店 2015.4


副題:マフィアを生んだシチリアレモンから、ノーベル賞をとった壊血病薬まで
(付録)
70 ユダヤ人によってエルサレムからシトロンがイタリアへ
831 アラブ人がシチリア島にダイダイとレモンを持ちこむ
1498 インドからスイートオレンジがヨーロッパへ
1500 ベトナムからキノットがイタリアへ
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.5.24 毎日新聞
■ 所 在
  県立 市立625ア

【書籍】 リチャード・ウィッテル 『無人暗殺機 ドローンの誕生』 文藝春秋 2015.2


☆イスラエル人が設計。最初は無人偵察機だったが、「無人暗殺機」プレデターとして開発された。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.4.19 日経新聞
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 vol.140 2015.7.22 VOL.122 2015.03.18 VOL.120 2015.03.04
■ 所 在
  県立 8F538.7ウ

【書籍】 江戸川乱歩 『幽霊塔』 岩波書店 2015.6


・宮﨑駿のカラー口絵つき。
☆カラー口絵を見ると、映画として見たくなる。
宮﨑駿はアリス・ウィリアムスンの「灰色の女」(県立 7F933ウ 市立〕、ウイルキー・コリンズの「白衣の女」(岩波文庫 3分冊 9F 大学書庫 7F933コ1,2)も推している。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.7-)』 2015.8.2 毎日
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.14 広告
  『小谷野敦のカスタマーレビュー 2002-2012』 2008年 不朽の名作
■ 所 在
  市立エド

【書籍】 マイケル・ブランディング 『古地図に憑かれた男』 青土社 2015.4


副題:史上最大の古地図盗難事件の真実
☆フォーブス・スマイリー三世という有能な古地図ディーラーが図書館・博物館から古地図を窃盗していたことが判明。理由としては、借金もあったが、結局、ディーラーは対外的な評価を売ることができない現実もあるのかもしれないなと思う。あるいは、盗まれてもわからないほど、きちんと管理もされておらず、価値もわかっていない現状から、価値のわかる人に渡そうかと思ったのかもしれない。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.5-)』 2015.6.14 朝日新聞
■ 所 在
  県立

2015年8月10日月曜日

【書籍】 エリザベス・コストヴァ 『ヒストリアン I, II』 日本放送出版協会 2006.2


☆ドラキュラをめぐる旅。託された問いかけ。結構、読める。
(著作 白鳥泥棒 県立 7F933コ 市立933コ)
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立 7F933コ1 市立933コ1,2 大学(書庫)

【書籍】 ジェームズ・ロリンズ 『マギの聖骨』(上下) 竹書房 2012.7


☆SFもの?
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2013.5-)』2013.6.2 広告
■ 所 在
  県立 7FB933ロ1,2

【書籍】 佐々木俊尚 『簡単、なのに美味い! 家めしこそ最高のごちそうである。』 マガジンハウス 2014.2


☆料理で、人生ゆとり生活。考え方が以外に近い。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『ノンフィクションはこれを読め!2014』 (佐々木俊尚)
  『今週はこれを読め(vol.61-, 2014.1-)』 vol.82 2014.6.4 vol.66 2014.2.12
■ 所 在
  7FP596.0サ 市立596サ

2015年7月30日木曜日

【書籍】 スティーヴン・ハンター 『ソフト・ターゲット』(上下) 扶桑社 2012.12


☆新たなサーガの始まりか?
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  7FB933ハ1,2 市立

【書籍】 デイヴィッド・エプスタイン 『スポーツ遺伝子は勝者を決めるか?』 早川書房 2014.9


☆1万時間説の弊害
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今週はこれを読め(2014.1-)』 vol.101 2014.10.15
  『本の雑誌 2014.12号』 (萩原魚雷)
■ 所 在
  県立 市立780エ

【書籍】 逢坂剛 『暗い国境線』 講談社 2005.12


☆イベリア・シリーズ。続くな。第4弾。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン)番外(参考)
■ 所 在
  県立 7Fオウ 市立

【書籍】 マイクル・コナリー 『真鍮の評決』(上下) 講談社文庫 2012.1


☆リンカーン弁護士、第2弾
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  7FB933コ1,2 市立

【書籍】 諏訪貴子 『町工場の娘』 日経BPマーケティング 2014.11


☆主婦から社長になった2代目の10年戦争
まあー、本人もすごいが、やはりお父さんもえらい。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.3.15 広告
■ 所 在
  県立

【書籍】 スティーヴン・ハンター 『黄昏の狙撃手』(上下) 扶桑社 2009.10


☆スワガー・サーガ。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  7FB933ハ1,2

2015年7月24日金曜日

【書籍】 吾妻ひでお 『失踪日記2 アル中病棟』 イースト・プレス 2013.10


☆文字通り
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2013.9-)』 2013.10.27 朝日新聞
  『HONZ 今年の1冊』 2013 No.10
■ 所 在
  市立726ア2

【書籍】 カール・サバー 『子どもの頃の思い出は本物か』 化学同人 2011.5


副題:記憶に裏切られるとき
☆心理療法家が虐待の兆候と信じている様子が見られると、虐待を”思い出させる”ことになる!
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今週はこれを読め(2014.1-)』 VOL.111 2014.12.24
■ 所 在
  県立 8F人文科学141.3サ 市立141サ

【書籍】 神山典士 『ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌』 文藝春秋 2014.12


☆うーん。子どもにはわかっていた。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今週はこれを読め(2014.1-)』 VOL.110 2014.12.17
■ 所 在
  県立 8F762.1サ 市立762コ

2015年7月22日水曜日

【書籍】 吉崎悟朗 『サバからマグロが産まれる!?』 岩波科学ライブラリー 2014.10


☆マグロの始原生殖細胞をサバに移植し、サバがマグロの卵子と精子を水中に放出→マグロが生まれるということらしい。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2014.11-)』 2014.11.9 広告
  『今週はこれを読め(2014.1-)』 VOL.110 2014.12.17
  『岩波科学ライブラリー』 
■ 所 在
  県立 8F自然科学666.1ヨ 市立666ヨ 大学666.12Y94s

【書籍】 進藤久美子 『市川房枝と「大東亜戦争」』 法政大学出版局 2014.2


副題:フェミニストは戦争をどう生きたか
☆交流関係を見ると、生きた伝説だな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2014.3-)』 2014.4.20 朝日新聞
  『みすず2014年読者アンケート』  115 石田雄 政治学
■ 所 在
  県立

【書籍】 藤岡靖洋 『コルトレーン』 岩波新書 2011.3


副題:ジャズの殉教者
☆父方・母方とも祖父が牧師ということも影響しているのかもしれない。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『みすず2014年読者アンケート』  16 宮下史朗 フランス文学・書物の文化史
■ 所 在
  県立 7FS764.7コ 市立764フ 大学1303

2015年7月17日金曜日

【書籍】 ウィリアム・ケント・クルーガー 『ありふれた祈り』 早川書房 2014.12


☆Ordinary Grace 神への祈り、ということらしい。ミネソタ州が舞台。なかなか余韻がある。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2015.3号』 (酒井貞道)
■ 所 在
  県立 7F933ク 市立933ク

【書籍】 佐々木譲 『ネプチューンの迷宮』 扶桑社 2008.9


☆途中まではいいのだが、いくら小説でも陰謀論もここまでくると。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立 7FB 9F

【書籍】 マイクル・コナリー 『ナイトホークス』(上下) 扶桑社 1992.10


■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン)No.16(参考)
☆スワガー・サーガ
■ 所 在
  7FBB933コ1,2

【書籍】 ヘニング・マンケル 『タンゴステップ』(上下) 東京創元社 2008.5


☆ヴァランダーシリーズでない方。スウェーデンでのナチがテーマ。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆ 7FB943マ 市立

【書籍】 フェルディナント・フォン・シーラッハ 『罪悪』 東京創元社 2012.2


☆罪の内容と裁判の判断との違い。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2013年版』 2.海外ベストテン  No.16
  『本の雑誌2012ベスト10』 私のベスト3 6 深町真理子
  『新聞書評(2013.5-)』 2013.6.2 日経新聞(参考)
■ 所 在
  7F外国文学943シ 市立943シ

2015年6月30日火曜日

【書籍】 今野敏 『自覚 隠蔽捜査5.5』 新潮社 2014.10


☆まあー。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン)(参考)
  『新聞書評(2014年総括)』 毎日(2014この3冊)40.渡辺保(演劇評論家)
■ 所 在
  県立 7Fコン 市立コン

【書籍】 逢坂剛 『燃える蜃気楼』 講談社 2003.10


☆イベリアシリーズ第3弾
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン)番外(参考)
■ 所 在
  県立 7Fオウ 市立

【書籍】 ユッシ・エーズラ・オールスン 『特捜部Q 知りすぎたマルコ』 早川書房 2014.7


☆シリーズ第5弾。よく読んだな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン海外編)番外(参考)
  『本の雑誌 2014.10号』 (酒井貞道)関連
■ 所 在
  県立 7F943エ5 市立949エ5

2015年6月24日水曜日

【書籍】 勝木俊雄 『桜』 岩波新書 2015.2


☆p.40 染井吉野は、江戸時代末に江戸の染井村の植木屋から「吉野桜」として売りだされたと考えられている。
p.46 染井吉野は接木で植えられており、全国とも同じクローンである。(だから、桜の開花前線が成り立つ)
p.58 1932年小泉論文で、"染井吉野"の済州島起源説が広く認められた。済州島に染井吉野に似たエイシュウザクラも自生する。
p.60-61 筆者は、エイシュウザクラは、エドヒガンとオオヤマザクラの雑種と考えている。染井吉野は、エドヒガンとオオシマザクラとの雑種である。一方、韓国では、現在でも小泉の見解が支持されている。第二次大戦後、染井吉野はほとんど伐採されたが、いま、小泉説のもと、南部のチネなど植栽し、新たな花見の名所となっているところもある。

(参考図書)
サクラハンドブック 大原 文一 県立 市立479オ
日本の桜、歴史の桜 小川 県立 8F 市立
新日本の桜 大場 県立 市立479シ
桜が創った「日本」 ソメイヨシノ起源への旅 佐藤俊樹 岩波新書 2005 県立 7FS479.7サ 市立 大学
桜をめぐる生きものたち 竹内 県立 市立479サ
ある日韓歴史の旅 鎮海の桜 竹国 県立 市立
日本のサクラが死んでゆく 平塚 県立 市立
櫻史 山田 県立 市立
サクラ保存林ガイド 吉丸 県立

■ 所 在   ★☆☆☆☆
  県立 7FS479.7カ 市立479カ 大学1534

2015年6月23日火曜日

【書籍】 麻耶雄嵩 『さよなら神様』 文藝春秋 2014.8


☆小学生神様。うーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン)No.2
■ 所 在
  県立 7Fマヤ 市立マヤ

【書籍】 逢坂剛 『遠ざかる祖国』 講談社 2001.12


☆イベリアシリーズ第2弾。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン)番外 参考
■ 所 在
  県立 7Fオウ 市立

【書籍】 ユッシ・エーズラ・オールスン 『特捜部Q カルテ番号64』 早川書房  2013.5


☆シリーズ第4弾。これもね。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン海外編)番外(参考)
  『本の雑誌2013ベスト10』 (2013年度ミステリーベスト10)No.6 (私のベスト10)17.坂木司
■ 所 在
  県立 7F943エ 市立949エ

【書籍】 ユッシ・エーズラ・オールスン 『特捜部Q Pからのメッセージ』 早川書房 2012.6


☆シリーズ第3弾。デンマーク犯罪。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン海外編)番外(参考)
  『このミステリーがすごい!2013年版』 2.海外ベストテン  No.18
■ 所 在
  県立 7F943エ 市立949エ

【書籍】 ユッシ・エーズラ・オールスン 『特捜部Q キジ殺し』 早川書房 2012.6


☆シリーズ第2弾。相変わらず気持ち悪い犯罪だな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン海外編)番外(参考)
■ 所 在
  県立 7F943エ 市立949エ

【書籍】 小畑峰太郎 『STAP細胞に群がった悪いヤツら』 新潮社 2014.11


☆研究者が関与している企業の資金繰り、上場と関係しているらしい。小保方さんは、論外か。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.1-)』 2015.2.22 広告
■ 所 在
  県立 8F407オ 市立407オ

【書籍】 フェルディナン・フォン・シーラッハ 『犯罪』 2011.6


☆弁護士が語る犯罪の様々。犯罪から見ると、ちょっと想像がつかないほど、人間の生態というか、人間模様には幅がある。
(著作)罪悪、『コリーニ事件』、禁忌
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2013年版』 2.海外ベストテン  No.16参考
  『新聞書評(2013.5-)』 2013.6.2 日経新聞(参考)
■ 所 在
  県立 7F943シ 市立943シ

2015年6月5日金曜日

【書籍】 船戸与一 『午後の行商人』 講談社文庫 2000.9


☆ノンポリ日本人がメキシコで殺人・革命に巻き込まれる。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  7FBフナ

【書籍】 ロバート・クレイス 『容疑者』 創元推理文庫 2014.9


☆銃弾で傷ついた者同士、犬と警官のコミュニケーション
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン海外編)第14位
■ 所 在
  7FB933ク

【書籍】 マーク・グリーニー 『暗殺者の鎮魂』 ハヤカワ文庫2013.10


☆グレイマンシリーズ第3弾
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン海外編)第9位 参考
■ 所 在
  7FB933ク 市立

2015年5月26日火曜日

【書籍】 デイヴィッド・ベニオフ 『卵をめぐる祖父の戦争』 早川書房 2010.8


☆レニングラード包囲戦戦争
(参考)×攻防900日、壊れたヨーロッパ 県立 7階壁書架973マ
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『分厚い本と熱い本』 2010年(書評者が選ぶ「この3冊」) 26.丸谷才一
■ 所 在
  県立 7F外国文学933ヘ 市立933ベ

【書籍】 信田さよ子 『カウンセラーは何を見ているか』 医学書院 2014.5


☆個人でカウンセリングセンターを開所している。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2014.5-)』 2014.6.22 読売新聞
  『今月読む本(2014.1-)』 2014.5(その1)
  『今週はこれを読め(2014.1-)』 vol.79 2014.5.14
■ 所 在
  8F146.8ノ 市立146ノ

【書籍】 ヘロン・マクロイ 『死の舞踏』 論創社 2006.1


☆1938年のデビュー作。つかみはいいが、どうも心理学的分析のあたりが古めかしい。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン海外編)第7位 参考(前作)
■ 所 在
   県立 7F933マ

【書籍】 マーク・グリーニー 『暗殺者の正義』 ハヤカワ文庫 2013.4


☆まあ。グレイマンシリーズ第2弾
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン海外編)第9位 参考
■ 所 在
  7FB933ク 市立

【書籍】 船戸与一 『非合法員』 講談社文庫 1996.6



☆小説デビュー作。読ませる。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (過去のこのミス1位)参考
■ 所 在
  7FBフナ

2015年5月11日月曜日

【書籍】 原田曜平 『ヤンキー経済』 幻冬舎新書 2014.1


副題:消費の主役・新保守層の正体
☆ポイントは地元在住・地元志向
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『ノンフィクションはこれを読め!2014』 No.5
  『今月読む本(2014.1-)』 2014.2(その2)
  『今週はこれを読め(2014.1-)』 vol.82 2014.6.4
■ 所 在
  県立

【書籍】 丁宗鐵 南伸坊 『丁先生、漢方って、おもしろいです。』 朝日新聞出版 2014.11


☆ふーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.1-)』 2015.2.15 読売
■ 所 在
  県立 市立490.9テ

【書籍】 日野明子 『台所道具を一生ものにする手入れ術』 誠文堂新光社 2014.6


白木、まな板、曲げわっぱ、漆の器、拭き漆、土鍋、粉引き・白マット、鍛鉄のフライパン、南部鉄器、中華鍋、アルミ・ステンレスの鍋、ホーロー、包丁、竹の籠など
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今週はこれを読め(2014.1-)』 vol.91 2014.8.6
■ 所 在
  県立 7FP596.9ヒ 市立596ヒ

【書籍】 デイヴィッド・ウォルトナー=テーブズ 『排泄物と文明』 築地書館 2014.5


副題:フンコロガシから有機農業、香水の発明、パンデミックまで
☆うーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『ノンフィクションはこれを読め!2014』 No.41
  『今週はこれを読め(2014.1-)』 vol.81 2014.5.28
■ 所 在
  県立 市立481ウ

2015年5月8日金曜日

【書籍】 逢坂剛 『イベリアの雷鳴』 講談社 1999.6


☆イベリアシリーズ第1弾。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン)番外 参考
■ 所 在
  県立 7Fオウ 市立

【書籍】 船戸与一 『神話の果て』 講談社文庫 1995.11


☆南米シリーズ第2弾。
早大探検部 ノンフィクションライターでは豊浦志朗
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (過去のこのミス1位)参考
所 在
  7FBフナ

【書籍】 ジェニファー・アッカーマン 『かぜの科学』 早川書房 2011.2


☆うーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.112 2015.01.07
■ 所 在
  県立 市立493ア

2015年5月7日木曜日

【書籍】 大沢在昌 『黒の狩人』 幻冬舎 2008.9


☆シリーズ第3弾
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本の雑誌 2014.10号』 (関口苑生)関連
■ 所 在
  県立 7F 市立

【書籍】 マイケル・ルイス 『フラッシュ・ボーイズ』 文藝春秋 2014.10


副題:10億分の1秒の男たち
いや、これはすごいや。時間がまさに金を産む。また、市場を通さない不透明な株取引で結局投資家が損をしている。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2014.11-)』 2014.11.30 日経 11.9 朝日
  『今週はこれを読め(2015.1-)』VOL.112 2015.01.07
  『今週はこれを読め(2014.1-)』 vol.101 2014.10.15
■ 所 在
  市立338ル

【書籍】 船戸与一 『山猫の夏』 講談社文庫 1995.11


☆南米シリーズ第1弾。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『現代を読む 100冊のノンフィクション』 第89番 佐高信 1992
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (過去のこのミス1位)参考
所 在
  7F 9F 市立

【書籍】 パトリック・モディアノ 『失われた時のカフェで』 作品社 2011.4


☆三者三様が語る。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2014.11-)』 2014.12.21 毎日
■ 所 在
  県立 7F953モ 市立953モ

2015年5月1日金曜日

【書籍】 後藤明 『海を渡ったモンゴロイド』 講談社選書メチエ 2003.3


副題:太平洋と日本への道
☆まずは、北へ、台湾に、そして、東へと。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『ハワイとフラの歴史物語』 矢口祐人 参考文献
■ 所 在
  県立 8F人文科学275コ

【書籍】 奥泉光 『東京自叙伝』 集英社 2014.5


☆東京の地霊、歴史の霊か。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2014年総括)』 日経 10.清水良典 文芸評論家 毎日 17・鴻巣友季子 翻訳家
  『新聞書評(2014.7-)』 2014.7.13 毎日新聞
  『新聞書評(2014.5-)』 2014.6.22 朝日新聞 6.15 日経
  『みすず2014年読者アンケート』  18 石原千秋 日本近代文学 89 成田龍一 日本史
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン)番外
■ 所 在
  県立 7Fオク 市立オク

【書籍】 奥本光魚 『健康食ワカメ・ヒジキ 海藻料理150』 農山漁村文化協会 1985.9


☆おお。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立

2015年4月27日月曜日

【書籍】 本多有香 『犬と、走る』 集英社インターナショナル 2014.4


☆カナダで犬ぞり 26匹
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2014.5-)』 2014.6.1 朝日新聞
  『今月読む本(2014.1-)』 2014.5(その1)
  『今週はこれを読め(2014.1-)』 vol.80 2014.5.21
■ 所 在
  県立 7F916ホ

【書籍】 ジム・ケリー 『水時計』 東京創元社 2009.9


☆ふーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン海外編)No.17参考
■ 所 在
  7FB933ケ 市立

【書籍】 竹内一正 『イーロン・マスクの野望』 朝日新聞出版 2013.12


☆IT産業で設けた金で宇宙開発と電気自動車の開発。すごいね。
■ 書籍情報入手先   ★☆☆☆☆
  『ノンフィクションはこれを読め!2014』 No.29
  『今月読む本(2014.1-)』 2014.1(その2)
■ 所 在
  県立

【書籍】 井上孝夫 『その日本語、ヨロシイですか?』 新潮社 2014.1


☆著者は、新潮社校閲部部長。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『今月読む本(2014.1-)』 2014.2(その1)
  『今週はこれを読め(2014.1-)』 vol.71 2014.3.19
■ 所 在
  県立 市立749イ

【書籍】 マーク・グリーニー 『暗殺者グレイマン』 早川書房 2012.9


☆そこそこおもしろい。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン海外編)No.9参考
■ 所 在
  7FB933ク 市立

【書籍】 高野文子 『ドミトリーともきんす』 中央公論新社 2014.9


☆漫画による有名理系日本人の紹介。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2014年総括)』 読売 1.青木淳 建築家
  『今週はこれを読め(2014.1-)』 vol.103 2014.10.29
  『みすず2014年読者アンケート』  91 小沼通ニ 物理学
■ 所 在
  市立726タ

2015年4月24日金曜日

【書籍】 堤未果 『沈みゆく大国アメリカ』 集英社新書 2014.11


☆アメリカの医療保険制度改革であるオバマケアがテーマ。個別取材(個別事例)の積み重ね手法だが、このテーマにはあまりあわないような。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.3.1 日経新聞
  『新聞書評(2015.1-)』 2015.1.18 朝日
■ 所 在
  県立 7FS498.0ツ 市立498.0ツ

【書籍】 ロジャー・ホッブズ 『ゴーストマン 時限紙幣』 文藝春秋 2014.8


☆犯罪グループの主役でない、ゴーストマン(誰にでもなりすます人)に焦点を当てる。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン海外編)No.3
■ 所 在
  県立 7F933ホ 市立

2015年4月23日木曜日

【書籍】 ジョエル・ディケール 『ハリー・クバート事件』(上下) 東京創元社 2014.7


☆ちょっと、感動的だし、最後のどんでん返しがまた想定外だな。
■ 書籍情報入手先   ★★☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン海外編)No.6
  『本屋大賞』 第12回 2015年(翻訳小説部門)
■ 所 在
  県立 7F953テ1,2 市立

【書籍】 スティーヴン・ハンター 『ダーティホワイトボーイズ』 扶桑社 1997.2


☆ちょっと、シリーズとしては異色かな?
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  7FB933ハ 7F

【書籍】 矢作俊彦 『フィルムノワール/黒色影片』 新潮社 2014.11


☆うーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.1-)』 2015.2.22 毎日新聞 2015.1.11 日経
■ 所 在
  県立 7Fヤハ 市立ヤハ

【書籍】 アーナル・デュル・インドリダソン 『湿地』 東京創元社 2012.6


☆アイスランドミステリと言われるが、遺伝子検査が殺人の要因とはアイスランドらしい。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『本屋大賞』 第10回 2013年(翻訳小説部門)
  『本の雑誌2012ベスト10』 4.ミステリーベスト10
  『このミステリーがすごい!2013年版』 2.海外ベストテン  No.4
  『本の雑誌2013ベスト10』 (2013年度ミステリーベスト10)参考
■ 所 在
  県立 7F外国文学943ア 市立949ア

2015年4月21日火曜日

【書籍】 月村了衛 『機龍警察 完全版』 早川書房 2014.11


☆ロボット警察隊のようでもあり、警察小説のようでもあり。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン)No.5 参考
■ 所 在
  7Fツキ 市立ツキ

【書籍】 金時鐘 『朝鮮と日本に生きる』 岩波新書 2015.2


副題:済州島から猪飼野へ
☆戦後、済州島で起こった「四・三事件」(1948年)では、3万人の島民が殺されている。(単独選挙に島民が反対して武装蜂起したことから)
☆台湾といい。そういう意味では日本でゼネストを中止しなかったら、同じようなことが起きてきたかもしれない、というのは考え過ぎか。
(著作)なぜ書きつづけてきたか なぜ沈黙してきたか
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.3-)』 2015.3.29 朝日新聞
■ 所 在
  7FS911.5キ

【書籍】 大沢在昌 『罪深き海辺』 講談社 2011.7


☆まあまあ。
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  県立 7Fオオ 市立

【書籍】 P・シーブライト 『殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか?』 みすず書房 2014.1


副題:ヒトの進化からみた経済学
☆暴力本能の手なづけ、他人を信頼
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2014年総括)』 朝日 6.○野稔人
  『新聞書評(2014.3-)』 2014.3.16 日経新聞
■ 所 在
  県立 市立331シ

【書籍】 テリー・ヘイズ 『ピルグリム』(1,2,3) 早川書房 2014.8


☆引き込まれるな。これは面白い。
■ 書籍情報入手先   ★☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン海外編)番外
■ 所 在
  7FB933ヘ

【書籍】 黒川博行 『国境』 講談社文庫 2003.10


☆うーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベスト10)No.6 関連
■ 所 在
  7FBクロ

【書籍】 伊勢崎賢治 『日本人は人を殺しに行くのか』 朝日新書 2014.10


副題:戦場からの集団的自衛権入門
☆うーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.1-)』 2015.2.22 朝日新聞
  『みすず2014年読者アンケート』  91 小沼通ニ 物理学
■ 所 在
  県立 7FS392.1イ 市立392イ

【書籍】 ユッシ・エーズラ・オールスン 『特捜部Q 檻の中の女』 早川書房 2011.6


☆うーん。何か気持ち悪い犯罪だな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン海外編)番外
■ 所 在
  県立 7F943エ 市立949エ

2015年4月9日木曜日

【書籍】 アンドリュー・ナゴルスキ 『ヒトラーランド』 作品社 2014.12


副題:ナチの台頭を目撃した人々
☆うーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.1-)』 2015.2.8 日経新聞
  『今週はこれを読め(2015.1-)』 VOL.118 2015.02.1  VOL.113 2015.01.14
■ 所 在
  県立

【書籍】 宮脇昭 板橋興宗 『鎮守の森』 新潮社 2000.4


☆いや、おもしろいな。ちょっと、専門外はあやしいところもあるが。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.1-)』 2015.2.15 毎日
■ 所 在
  県立 8F自然科学651.1ミ 市立

【書籍】 久保亨 瀬畑源 『国家と秘密』 集英社新書 2014.10


副題:隠される公文書
☆ちょっと、騒ぎすぎ。口述筆記ではないかと思われる文体。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『新聞書評(2015.1-)』 2015.1.25 毎日
  『新聞書評(2014.11-)』 2014.11.16 毎日
  『みすず2014年読者アンケート』  19 中野晃一 日本政治・比較政治
■ 所 在
  県立 7FS326.8ク

【書籍】 矢口祐人 『ハワイとフラの歴史物語』 イカロス出版 2005.6


副題:踊る東大助教授が教えてくれた
☆ハワイには、文字はなかった。牛・馬もいなかった。1300年ほどまで、3000キロの南の島から移住したという。しばらくは、交流があり、タロイモ、豚、犬などがもたらされたようだ。
(著作 ハワイの歴史と文化 中公新書、ハワイ研究への招待)
(参考文献)
ハワイ 山中速人 岩波新書 県立 7FS297.6ヤ 市立 大学書庫291
ハワイの歴史と文化 中公新書 県立 7FS276ヤ 市立276ヤ 大学書庫276Y16
ハワイイ紀行 完全版 池澤夏樹 県立 9F
×ハワイ研究への招待 後藤ほか 研究入門。第2章は「フラとハワイ語」はおすすめ。
『海を渡ったモンゴロイド』 後藤明 ハワイの起源 県立 8F人文科学275コ
大地にしがみつけ トラスク 現代のハワイアンの生活 8F社会科学316.8ト
×TARZANホクレア号について語ろう 1970年代以降
アート・オブ・フラ セイデン フラの歴史 県立
(参考)イカロス出版:ALOHA!ハワイ語 県立 8F一般829.4ア 市立829ア、ハワイ語 神話編 市民、×ハワイアンCD
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『東大教師が新入生にすすめる本2』 (2007)No.8
■ 所 在
  県立

【書籍】 林良祐 『世界一のトイレ ウォシュレット開発物語』 朝日新書 2011.9


☆TOTOのトイレ開発はすごいな。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『ノンフィクションはこれを読め!』 No.59
■ 所 在
  県立 市立528ハ

【書籍】 橋本幸士 『Dブレーン』 東京大学出版会 2006.10 


副題:超弦理論の高次元物体が描く世界像
☆うーん。わからない。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『東大教師が新入生にすすめる本2』 (2007)No.1, 2 (2008)No.8
■ 所 在
  県立

【書籍】 山口雅也 『ミステリーズ完全版』 講談社文庫 1998.7


☆うーん。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (過去のこのミス1位)
■ 所 在
  7FBヤマ

【書籍】 角幡唯介 『探検家の日々本本』 幻冬舎 2015.2


図書リスト
■ 所 在   ☆☆☆☆☆
  市立019カ

2015年4月7日火曜日

【書籍】 ケイト・モートン 『秘密』(上下) 東京創元社 2013.12


☆幼いころ、娘が目撃した母の殺人と、母の若いころ。まあ、つかみはいいし、最後は思わぬどんでん返しの落ちだが、内容があまり興味ないし。
原題はsecret keeper。もちろん、母のこと。
■ 書籍情報入手先   ☆☆☆☆☆
  『このミステリーがすごい!2015年版』 (2014年ベストテン海外編)No.2
■ 所 在
  県立 7F933モ 市立933モ